翠(みどり)皮フ科・アレルギー科

診療時間
10:00から13:00
15:00から18:00

休診日
火曜日,土曜日午後
日曜日,祝日
〒125-0061
東京都葛飾区亀有3-37-17
メディク関東3F
電話 03-6662-4232
お知らせ 薬や病気の説明 自費診療

塩化アルミニウム液について

◎塩化アルミニウムは汗を抑え、殺菌をします。
 塩化アルミニウム液は、汗の出る穴を変性させてしまうことにより汗を抑えてしまうお薬です。かなり古い時代から使われておりますが、残念ながら保険医療の適応はございませが、100mlを税込1080円で提供しています。。塩化アルミニウムには、汗の出る穴を変性させてしまう働きと同時に殺菌効果もあり、わきがにも効果があります。

◎レーザー脱毛したあとの腋は多汗症になることが知られています。
 脱毛をした後に、汗が多く出るようになったということを何人もの方から伺いました。汗が多くなることではなく、毛がなくなってしまうことで汗を感じやすくなってしまうのではないかと考えられていました。しかしレーザー脱毛をしたあとに多汗症になりうることがあるということが示されました(Clin Exp Dermatol. 2010 Aug35(6):588-92. PMID: 19874331)。使用されたレーザーは別ですが、おそらくレーザーの種類に関わらず多汗症がみられることがあると考えられます。このようなときにも塩化アルミニウム液を使用することをお勧めします。

◎ミョウバンでもできますが、塩化アルミニウムの方が効果的です。
 ご家庭でも、スーパーで売っているミョウバンというものを使用することによって似たような効果を出すことができる場合とされています。私も何回も検証いたしましたが、多少の効果は認めますが、塩化アルミニウム液と比較すると残念ながら効果は劣ります。本来ならご家庭でできたほうが望ましいですが、ミョウバン液を使うよりは塩化アルミニウム液を使用することをお勧めいたします。

◎塩化アルミニウム液にかぶれたら、薄めて使用をしてください。
 塩化アルミニウム液を外用すると、かぶれることがございます。かぶれる原因は二つございます。一つはお肌に合わない方、もう一つは濃度が高いので刺激になっている方です。お肌に合わない方は、残念ながら使用継続は困難ですので中止してください。濃度が高くてかぶれてしまう方は、水道水で半分に薄めた上で使用していただけると大丈夫になることもございます。

◎多汗症では、ボトックスや手術の治療がありますが、十分な検討が必要です。
 多汗症の治療で神経を切断して汗を出なくしてしまうという治療もありますが、他の部分が代償性に発汗が促進してしまうという副作用もおきることがあり、十分な検討が必要とされています。翠皮フ科・アレルギー科では行うことができませんが、ボトックスという神経をマヒさせてしまうお薬を数か月に1回注射することによってコントロールしていく方法もあり、こちらは比較的安全とされています。しかしながら、半永久的でないことやお値段の観点からいろいろ考えるべきこともございます。

◎多汗症にはイオントフォレーシスや密閉療法など効果的なこともあります。
 イオントフォレーシスという方法もあります。ひどい方でも塩化アルミニウム液を根気強く1日何回も塗っていただけると、症状を軽減できる可能性があります。手足の多汗症の場合は、寝る前によく塗って手袋や靴下をして寝ていただいたりして密閉療法をしていただくと効果が上がる場合がございます。効果が出るまでには多少のお時間がかかります。

 しかしながら塩化アルミニウム液だけでコントロールできない多汗症の方がいるのも事実ですので、そのようなときにはほかの治療法を併用することをお勧めいたします。

◎塩化アルミニウム液は、根気強くしぶとく外用がとても大切です。
 先ほども申し上げましたが、塩化アルミニウム液はかなり古くから行われてい治療法です。以前はつけている時だけ効果があるとされていましたが、ここ最近の研究では、ずっと外用していると汗の出る穴を変性させるだけでなく、汗を作る汗腺そのものを萎縮させ、汗そのものの産生を抑えることができることがわかってきました。根気強く長期間にわたって治療を行うことがとても大切であるということがこのことによって示されました。

◎保存は遮光をしてください。
 光に当たると劣化してしまい効果がかなり落ちてしまいます。遮光瓶で保存してください。遮光瓶がなければアルミホイルで巻いていただければそれで十分です。普段は暗い場所で保存をお勧めいたします。

◎ペパーミントオイルと組み合わせてデオドラントとしても利用できます。
 光を通さないスプレーボトルにペパーミントオイルと合わせていただければデオドラントになります。光を通さないスプレーボトルがないときには、アルミホイルを巻いていただければそれで十分です。わきがでにおいがきついときには、香水を使う方法もありますが、においによってはわきがのにおいと合わさってふさわしくないものになる可能性もあります。ペパーミントはすっきり感があるのでかぶれない時にはお勧めです。

翠皮フ科・アレルギー科のホームページへ戻る