翠(みどり)皮フ科・アレルギー科

診療時間
10:00から13:00
15:00から18:00

休診日
火曜日,土曜日午後
日曜日,祝日
〒125-0061
東京都葛飾区亀有3-37-17
メディク関東3F
電話 03-6662-4232
お知らせ 薬や病気の説明 自費診療

ハイドロキノン軟膏とトレチノイン軟膏

翠皮フ科・アレルギー科では、ハイドロキノン軟膏とトレチノイン軟膏を各税込1050円の料金で提供しております。通信販売はしておりません。

◎ハイドロキノンとトレチノインは併用が望ましいです。
 ハイドロキノンは、メラニン色素を抑える働きがあり、美白剤としてはよく使われています。化粧品に入っていることも最近では多いのですが、効果を出せるほどの濃度にするのは化粧品としての安全性を優先させるため、副作用減少の観点から難しいかもしれません。またトレチノイン軟膏と併用することによって効果をあげることができます。可能な方は併用をお勧めいたします。

◎ハイドロキノンとトレチノインの作用は異なります。
 トレチノインは、ビタミンAの誘導体で表皮細胞をはがす作用があります。シミのあるところを早くはがしながらハイドロキノンで、メラニン色素を抑えていくことでさらに効果が上がると考えられています。

◎翠皮フ科・アレルギー科のハイドロキノン軟膏やトレチノイン軟膏は、リーズナブルです。
 翠皮フ科・アレルギー科では、5%のハイドロキノン軟膏を、同じくメラニン色素を抑える働きのあるビタミンCと混合しています。トレチノイン軟膏は0.1%で混合しています。ハイドロキノン軟膏、トレチノイン軟膏ともにそれぞれ4gを税込1050円の料金で提供しています。継続して使用して頂くことを考え、リーズナブル価格で提供することを心がけています。よいものは皆さんに実感していただきたいという思いで提供しています。また当院のハイドロキノン軟膏とトレチノイン軟膏の特徴として挙げられるのが、水だけで簡単に洗い流せるということです。

◎全体の美白には高濃度ビタミンC点滴療法がお勧めです。
 お肌の全体の美白やコラーゲンの増加などをお考えの方には、高濃度ビタミンC点滴療法もお勧めです。是非お試しすることをお勧めいたします。

◎シミの部分にのみ外用して、顔全体には塗らないでください。
 ハイドロキノン軟膏の使い方は、夜の洗顔後に使用してください。できれば何も使用せずに塗るのが効果的ですが、面倒なら保湿剤のあとにシミの部分に外用してください。効果が出るには数ヶ月はかかります。トレチノイン軟膏と併用するときはどちららが先でも構いませんが、トレチノイン軟膏を先に塗ることがお勧めされています。トレチノイン軟膏を単独で使うことは少ないですが、その場合は保湿剤のあとにシミからあまりはみ出ないように外用してください。顔全体に外用すると赤く腫れてしまうことがあるので、お勧めはできません。
 仮に顔だけ白くなっても、首とのコントラストの関係で不自然なものになってしまいます。おしろいは首や胸元、背中の上部まで塗って着物を羽織るから自然に見えますが、顔だけなら不自然に見えます。それと似たような状態になるのでバランスが大切です。お肌全体の美白を考えるなら高濃度ビタミンC点滴療法がお勧めです。翠皮フ科・アレルギー科では、お安く提供しております。
 ハイドロキノン軟膏は紫外線を浴びると、変性を起こして組職黒変症(Ochronosis)といってさらに黒くなることもあります。シミを薄くしたいという強い思いで、何回も塗ることは逆に危険ですので控えてください。「過ぎたるは及はざるが如し」です。

◎同じ日にサリチル酸軟膏とトレチノイン軟膏の併用はさけてください。
 副作用がでやすくなるので、ピーリングのためのサリチル酸軟膏とトレチノイン軟膏のを同じ日に両者を外用するのはやめましょう。別の日に外用するのなら大丈夫です。シミによっては、ハイドロキノン軟膏、トレチノイン軟膏、サリチル酸軟膏の3つの併用が効果的であることもありますので、検討する価値はあります。

◎日焼け止めなどのスキンケアは怠らないようにしましょう。
 ハイドロキノンやトレチノインは日中に使っても問題ないともいわれていますが、紫外線などにより酸化をすると刺激が出てしまうことがありますのでお勧めはいたしません。
 ハイドロキノン軟膏やトレチノイン軟膏を使用しているときは、日焼け止めを塗布し冬でも必ず日光対策をしてください。
 トレチノイン軟膏は粘膜に刺激がつよいので、目の周りや口の周りは使用をさけてください。
小じわ対策でどうしても使用したいときは、絶対に粘膜につかないようにしてください。

◎妊娠に関してはトレチノインは使用できません。冷蔵庫で保管して下さい。
 トレチノイン軟膏には、奇形を発生させることがあるので、妊娠を考えている方や妊娠中,授乳中の方は絶対に使用しないでください。基本的には使用してから2ヶ月は避妊をしてください。万が一妊娠が判明した場合にはすぐに中止をしてください。
 ハイドロキノンもトレチノインも分解されたり、変質しやすい物質のため、必ず冷蔵庫の中で保存をして下さい。3ヶ月以内に必ず使い切って下さい。

◎赤くなってもその後回復したら休みながら外用をして試してください。
 翠皮フ科・アレルギー科のハイドロキノン軟膏は5%のため、副作用が出ることがまれにあります。ハイドロキノンと毛染めで使用されるパラフェニレンジアミンは分子構造が似ているために、交差感作を起こします。毛染めでかぶれたことがある方は、ハイドロキノンでもかぶれることがあります。赤くなったり、刺激感を感じたときは使用を中止してください。連日使用しなければこのようにならない場合は、間隔をあけて使用することをお勧めいたします。1回でなってしまう方は使用を中止してください。
 トレチノイン軟膏のほうが刺激が強いため、はじめの使用で皮が剥けたり刺激感や赤くなることが多いです。そのときにはお休みをしながら数日間隔で使用していくことをお勧めいたします。それでも赤みや刺激感などが取れないときには使用を中止してください。
 ハイドロキノン軟膏とトレチノイン軟膏と併用している場合は、まず両方中止して回復後にハイドロキノン軟膏のみからはじめることをお勧めいたします。その後トレチノイン軟膏は週に1回から2回の外用から徐々に再開してください。

◎使用できるのは3か月間です。
 翠皮フ科・アレルギー科で提供しているハイドロキノン軟膏とトレチノイン軟膏はお渡ししてから3か月しか保存できません。保存は帰宅後冷蔵庫で保管をお願いしております。大量に欲しいという方がたまにおられますが、あまり長持ちしませんのでできることなら一つずつの提供をお勧めしています。軟膏は手作りで作成していますが、できる限り在庫を切らさないようにかつ新鮮なものをお届けできますように考えています。

◎効果がなければ光治療も検討しましょう
 ハイドロキノン軟膏やトレチノイン軟膏が万能でシミに効果がるわけでもございません。しかし効果はかなり見れれます。それでもまだシミが気ににあるという場合は、ルビーレーザー治療フラッシュランプ治療の光治療をお勧めいたします。

◎軟膏が欲しいけど葛飾区亀有は遠いと思っておられる方へ
 東京近郊の方以外は残念ながら確かに葛飾区亀有は遠いと思います。ハイドロキノン軟膏とトレチノイン軟膏は、院内調剤のお薬で、処方をさせていただいております。化粧品のように通信販売は行うことができません。ご了承ください。亀有は足立区中川と接しており、東京都の北東部に位置します。東京の方でも遠く感じられることが多くありますが、西日暮里までは約13分、池袋までは約30分、新宿までは約39分、銀座までは約35分でアクセスできる意外と便利な場所です。その他の主要近郊市街地から亀有までの電車とバスを利用した所要時間をこちらで案内させて頂いております。特に足立区・葛飾区・江戸川区・江東区などの東東京の方は気軽にお越しになることができると思います。翠皮フ科・アレルギー科の目の前には、東京23区内で有数のショッピングセンターであるアリオ亀有がございます。診察のついでにお買い物や映画鑑賞などで楽しんで頂くことができます。ちなみにメールでの一般的なご相談も受け付けていますので、お問い合わせはこちらへどうぞ

翠皮フ科・アレルギー科のホームページへ戻る