翠(みどり)皮フ科・アレルギー科

診療時間
10:00から13:00
15:00から18:00

休診日
火曜日,土曜日午後
日曜日,祝日
〒125-0061
東京都葛飾区亀有3-37-17
メディク関東3F
電話 03-6662-4232
お知らせ 薬や病気の説明 自費診療

フラッシュランプ治療について

翠皮フ科・アレルギー科では、フラッシュランプ治療を1照射税込540円(診察料込み)の料金で提供しています。基本的にはフラッシュランプ治療は昼休みの14:20やすべての診療が終わった後に予約で実施しています。実施する場所を実際に診察してから予約を検討させていただきます。ただし範囲が狭く、ごく短時間で実施できると判断した場合に限り、診察時間中でも照射致します。落ち着いて照射するためにもご理解をお願いいたします。

◎フラッシュランプにはいろいろな種類があります。
 フラッシュランプは、単一の波長を照射するレーザーと異なり幅広い波長を含むのが特徴です。そういう特徴から、シミや脱毛、毛細血管拡張などの血管病変と幅広く適応があります。フラッシュランプ治療はIPL治療といわれています。IPLとはIntense Pulsed Lightの略です。別名フォトフェイシャル治療とも言われています。フラッシュランプによるIntense Pulsed Light(IPL)を用いたフォトフェイシャル治療というのがよい言い方かもしれません。実をいうとこの「IPL」と「フォトフェイシャル」という言葉はルミナス社や日本ルミナス社の登録商標であります。ルミナス社のフラッシュランプによるIPL治療でないと本当のところはフォトフェイシャルと言ってはいけません。翠皮フ科・アレルギー科が導入しているフラッシュランプ治療の機種は、Palomar社のSTARLUX MaxGという機種ですので、IPLやフォトフェイシャルとはいえません。「IPL」という言葉はIntense Pulsed Lightの略であり、学術的な講演会の場所でも頻繁に使用されていて一般名として使用されつつあり、明らかな商用目的でなければそれほどうるさくは言われていないとも聞きます。そういう意味では先駆者であるルミナス社の考えは我々皮膚科医にとってはありがたいと思います。

◎シミに関してはルビーレーザー治療との使いわけがとても大切です。
 翠皮フ科・アレルギー科で導入したSTARLUX MaxGは、シミや、赤ら顔の毛細血管拡張などの血管病変に対して効果的に作用するために設計させたフラッシュランプ治療機です。どこかに特化したというわけでなく一般的なフラッシュランプ治療であればシミは治療できると思います。私はこの機種がシミに関して他より優れているとあまり思いませんが、逆に劣っているとも全く思いません。シミに関してはおそらく他社製品と比較してもそれほど大きな差はでないと思います。ただしフラッシュランプ治療で治療できるシミは表面のものだけです。皮膚の真皮に色素性病変がある場合は効果がないとお考えになってください。そのときは、Qスイッチレーザー、特にQスイッチルビーレーザー治療をお勧めしています。シミという意味ではルビーレーザー治療の方が、フラッシュランプ治療よりも優れています。しかしながら、Qスイッチルビーレーザー治療は、かさぶたができるので、約1週間から10日間はテープで覆っておく必要があります。フラッシュランプ治療はほとんど必要ないといわれています。ただし照射出力を強くして照射するとレーザーのような反応になりますので、そのときはテープを貼る方が望ましいと思われます。
 ルビーレーザー治療は、照射部位の反応が激しいですが、フラッシュランプ治療は穏やかです。人前に出たり接客をするお仕事の場合、マスクで隠せてもそれができない職業の方にはフラッシュランプ治療が望ましいと思います。もちろん皮膚の真皮、つまり深いところにある色素性病変には効果がないので、これはQスイッチレーザー治療しかないとお考え下さい(そのときにはテープ処置は必要です)。
 シミがかなり薄い場合もフラッシュランプ治療の方が良い場合もあります。薄いシミに反応させる場合Qスイッチーレーザー治療を行うには、照射出力を上げないとシミに反応しないこともあります。そうすると正常組織に対するダメージも考慮しないといけません。薄いシミだったのに、一時的に濃くなってしまうことも稀ではありません。回数は重ねる必要はありますが、フラッシュランプ治療ならそうなりにくいので薄い場合はお勧めだと思います。
 そばかす(雀卵斑)のような細かいシミがたくさんある場合も、フラッシュランプ治療の方がお勧めされる場合も多いです。Qスイッチレーザーの場合、シミからはみでないように紙に穴をあけて正常な部分にはレーザー照射がなされないように防御します。そばかすはかなりたくさんあるので、かなり大変な作業になります。もちろんQスイッチルビーレーザー治療でも治療はできます(翠皮フ科・アレルギー科でも実際実施おります)。ただフラッシュランプを使用すると回数はかかりますが、徐々に改善が期待できると思います。後述するように、同時に受けられる効果として皮膚の若返り(rejuvenation)もある程度期待できますので、こちらの方がお勧めかもしれません。
 フラッシュランプ治療もQスイッチルビーレーザー治療も浅いところのシミであればハイドロキノン軟膏トレチノイン軟膏をまず先に使用して効果が乏しいときに光治療を行うようにお勧めしています。

◎血管性病変を得意とする機種を導入しています。
 前述したとおり、翠皮フ科・アレルギー科で導入したSTARLUX MaxGの得意とする分野は、赤ら顔の毛細血管拡張などの血管性病変です。これに関しては、この機種は他のフラッシュランプ治療機と比較しても優れていると思います。以前は、毛細血管拡張や血管腫はダイ(色素)レーザー(波長585~595nm)治療が中心で行われていました。その中でも、Vbeamというダイレーザーが一番すぐれている機種であり、今でもそうだと思います。フラッシュランプ治療でも赤ら顔の治療はまあまあ行われていましたが、血管が少し太くなってしまうとなかなか治療ができていなかったのが現実でした。内服薬や塗り薬だけでは赤ら顔に対しての治療に限界を感じ、光治療の必要性は感じていました。血管性病変に関しては保険適応であるVbeamが良いのですが、正直に申し上げて導入するには高価すぎること、年間のメンテナンス費用を捻出するほどレーザー治療を実施できないのではと考え断念しました。前述したとおりフラッシュランプでもそこそこ効果はあるのは分かっていたのですが、実際レーザーの出力や性能を発揮できないと思っていました。Palomar社のSTARLUX MaxGというものは、照射時間や照射エネルギーをかなりあげることができるので血管病変にもうまく作用することができます。シミに関してももちろん利用することができますので、赤ら顔の毛細血管拡張などの血管性病変とシミに対しての効果を期待して導入致しました。ルビーレーザー治療ですと人前に出たり接客をするお仕事の場合でマスクで隠せてもそれができない職業の方にはシミの治療ができません。そういう方々のニーズにお応えするためにもSTARLUX MaxGというフラッシュランプ治療を導入することにいたしました。Palomar社のSTARLUX MaxGを導入した大きな意味は赤ら顔をどうにか治療したい、それが大きな原動力でした。
 Vbeamの大きな特徴に、ロングパルスで照射できることがありました。以前のダイレーザーですと数ミリ秒で照射時間は固定されていて、照射出力のみが変化できる機種が多かったのですが、Vbeamは数十ミリ秒というロングパルスで照射できるようになったことですこし太い血管に対しても効果を発揮できるようになっていました。脱毛で使用されるロングパルスダイオードレーザーでも太い血管は効果はある程度見られていますが、逆に細い血管にはあまり効果も得られませんでした。ダイレーザーは、ヘモグロビンに反応が高くなるような波長で設計されています。STARLUX MaxGは、光全体的でヘモグロビンに反応するような感じで設計されています。逆にあまり反応しないといわれる約670nm~約870nmの間はフィルターを入れて出力を弱くカットしてあります。単一波長であるダイレーザーのVbeamと幅広い波長を含むフラッシュランプのSTARLUX MaxGを性能で単純比較するべきではありませんが、血管性病変への効果は遜色ないと思います。STARLUX MaxGは、照射出力を上げて長い照射幅で照射する場合は、自動的に深達度の高い波長領域に約30%のエネルギーをシフトさせています(約870nm~約1200nm)。そこはもしかしたら595nmであるVbeamよりも強みであり、深いところにある血管性病変はすぐれている可能性を考えます(実際優れているかは何とも言えませんが、その可能性は否定できないと思います)。一番長い照射幅で100ミリ秒であり、かなり長い照射幅を指定することも可能です。ダイレーザーを照射すると間違いなく出現するのが、照射後に起きる皮内や皮下出血による紫斑ですが、STARLUX MaxGであれば紫斑ができることは少ないと思われます(あまりにも強く当てれば同じように紫斑は出ます)。

◎フラッシュランプ治療では皮膚の若返り(rejuvenation)も期待できます。
 フラッシュランプ治療には、レーザー治療ではできない治療もございます。皮膚の若返り(rejuvenation)です。さまざまな幅広い波長を含んでいますので、皮膚の真皮まで光が入り込んで、真皮コラーゲンの増生や弾性線維の減少が見られます。表面でも細かいシミや赤みなどが目立たなくなり、回数を繰り返すことで全体的にはくすみも取れて小じわも減ってくるようになります。どんなフラッシュランプでもよいのかというと、どれでも多少の効果は見られますが、これに関しては機械の出す波長や強さ、照射時間によって効果も異なってきます。表面を得意とするものや深さを追及してどちらかというとコラーゲンを増やすことを目的としたものなどがあります。500nmから800nmくらいの可視光線をメインにしているものは表面を得意として、800nmよりも大きい近赤外線や赤外線領域をメインとしたものは、皮膚の深いところ特に真皮領域を得意としています。STARLUX MaxGは、両方含んでいますが、これに特化しているわけではないので平均的なものと考えています。皮膚の若返り(rejuvenation)を目的とした照射もSTARLUX MaxGでも実施することはできます(平均的な機械と思ってください)。
 翠皮フ科・アレルギー科では、フラッシュランプ治療をシミ(皮膚の深いところにあるシミは除きます)と赤ら顔の毛細血管拡張などの血管性病変を中心に治療を実施してまいります。皮膚の若返り(rejuvenation)も御希望の方には実施いたします。その前に、サリチル酸軟膏でのピーリングをすることをお勧めします。まずは費用対効果の面でこちらがお勧めです。サリチル酸軟膏をお試しいただき、どうしてもというところにのみ、フラッシュランプ治療を重ねていくことが一番良いのではと思っています。

◎フラッシュランプを当てる場所の日焼けは厳禁です。
 レーザー治療と同様で、日焼けをすると正常の部分も色が濃くなり、反応しやすくなりますので副作用が出現しやすいと考えます。そのような時は、延期をして日焼けがおさまってからフラッシュランプ治療を行うことをお勧め致します。また照射した後に日焼けをすることは、さらに色素沈着を促進します。色素が薄くなっているところへの紫外線の影響はさらに大きくなり、癌化しやすいと考えられますので、照射後の日焼けは厳禁です。特に照射後半年間は日焼けをしないように気をつけてください。
 光治療とは関係なく、日焼けをすることはお肌にとってよくないことばかりです。日焼けそのもの自体をお勧めしません。ルビーレーザー治療はゴールデンウィークからお盆明けまで夏至をはさんで前後約2か月の間はし改善が強いので実施していません。フラッシュランプ治療も可能ならば別の時期にシフトしていただくことをお勧めしていますが、どうしてもという場合は厳重に日焼けを避けていただくことを条件に実施しております。

◎フラッシュランプ治療を行うことができない方もいますので注意が必要です。
・妊娠しているもしくはその可能性のある方:絶対にやってはいけないということではありませんが、妊娠中は肌が敏感になりますし、フラッシュランプ治療は痛みを感じることもありますから、胎児への影響も考え出産後に行う方が良いと考えます。
・日焼けをしている方もしくは今後日焼けをする予定の方:前述の通りです。
・フラッシュランプを照射する場所に傷や炎症のある方:さらに病状の悪化をさせる場合があるので、おさまってから照射することをお勧め致します。
・ケロイド体質の方:フラッシュランプ照射でケロイドを発生させる可能性が大きいので、フラッシュランプ治療はするべきでないと考えます。
・関節リウマチの方で、シオゾールを注射したり、リドーラ錠を内服している方(金製剤を使用している方):シオゾールやリドーラは金製剤と呼ばれるもので、金が薬に含まれています。金はフラッシュランプと反応をして色素沈着を起こすことがあるので、治療はお勧めいたしません。レーザー治療はできませんので、私としてはお勧めは今のところはしていません
。 ・刺青をしている部分に照射希望の方:刺青はフラッシュランプと反応をして色素沈着を起こすことがあるので、治療はできません。

 レーザー治療では抗凝固剤や抗血小板薬を内服している人はできませんでしたが、フラッシュランプ治療であれば注意しながら実施することは可能であると思います。皮膚の色が比較的濃い方の場合、正常部分でもフラッシュランプが当たると色素とフラッシュランプが反応をしてやけどのような症状を起こすこともあります。日焼けの場合は、そうならないように延期をしますが、元々の場合はフラッシュランプ治療がお勧めできないこともありえます(ほとんどの場合は日焼けを止めることでフラッシュランプ治療を実施することは可能です)。
 フラッシュランプ照射時に痛みを多少痛みを伴います。氷や冷却材で冷やすことによって痛みの軽減をすることができます。フラッシュランプの機械そのものにも冷却システムが備わっています。痛みに耐えられない時には、局所麻酔薬を使用することがあります。局所麻酔薬を使用するときに、過去に麻酔を受けて具合の悪くなったことがある方は、麻酔薬を使用することができません。局所麻酔薬は、エムラクリームとペンレステープ注射があります。エムラクリームは1本(5g)税込1080円で、ペンレステープは1枚税込110円で販売しております。痛みの程度で光の強さを調節して副作用を防いでいるので、基本的には麻酔はしていません。

◎フラッシュランプ照射後約1週間で経過観察を行います。
 フラッシュランプを照射したあとは、照射部分が数時間から翌朝くらいまで赤くなっていることが多いです。レーザー治療では間違いなくといっていいほど褐色のかさぶたになりますが、フラッシュランプ治療では数日後に薄い細かいかさぶたがはがれるような感じになることが多く、お化粧も普通にすることができます。もちろん照射出力をかなりあげるとレーザー治療のようなかさぶたができますが、そうならないように弱めからスタートすることが望ましいです。数日間は炎症を抑えるために塗り薬を使用することをお勧めします(治療時にお渡しします)。血管性病変で強い照射出力で照射した場合は出血を起こし紫斑を生じることもあります(ダイレーザーと比較しても頻度はかなり少ないと思います)。血管性病変を照射していても、そこにシミがある場合はシミにも反応しますのでかさぶたになる可能性があります。その可能性を十分に認識された上で治療を受けてください。

◎フラッシュランプ治療は数回(最低でも3回)の治療が必要です。
 シミに関しては、皮膚の深いところの病変は効果がありませんが、表面のシミに関しては徐々に薄くしていくことで効果を発揮していきます。レーザーは表面のシミであれば1回で照射完了なのに対し、フラッシュランプ治療は数回必要です(レーザーでも皮膚の深いところにある病変には数回の治療を必要とします)。最低でも3回はお考えになっていただきたいと思います。1回で効果が得られるものではないことをあらかじめご承知くださいますようお願いします。
 血管性病変は、ダイレーザーでも数回以上の治療が必要になります。フラッシュランプ治療でもそこは全く同じとお考えください。

◎フラッシュランプ治療の間隔は最低1か月あけることが必要です。
 ルビーレーザー治療の場合は1回照射すると最低でも2か月は照射間隔をあけていただいております。3か月以上、可能なら6か月以上の間隔をおいて照射が望ましいです。フラッシュランプ治療はそこまでの間隔をあける必要はありません。一度照射した皮膚科生まれ変わったとき、つまり皮膚のターンオーバーがサイクルが1周したら再度照射をすることができます。その間は1か月から1.5か月ですので、それくらいの間隔をあけて数回の照射をすることが良いと思います。

◎1照射につき、540円の料金で実施致します。
 翠皮フ科・アレルギー科では、フラッシュランプ治療を1照射540円の料金で実施致します。大きさは10mmx15mmです。ルビーレーザー治療では10mmx10mmですとおよそ9発分ですが、それ以上の範囲を1発で照射することが可能です。もちろん効果は異なります。
 翠皮フ科・アレルギー科では、フラッシュランプ治療時には実施料以外の診察料は設定していません。ただし、シミ治療でフラッシュランプ治療を実施した方には、炎症後色素沈着を防ぐ意味でハイドロキノン軟膏トレチノイン軟膏を使用していただくことを治療の一環としています。トレチノイン軟膏の副作用がひどい場合には、ハイドロキノン軟膏のみを外用していただきます。実際の料金は、530円x照射数+ハイドロキノン軟膏とトレチノイン軟膏(合わせて2160円)とお考えください。シミ治療で、可能であれば、まずはフラッシュランプやルビーレーザー照射の光治療前に、ハイドロキノン軟膏トレチノイン軟膏の外用を推奨しています。外用で改善できるシミに関しては外用で対処し、フラッシュランプ治療やルビーレーザー治療を必要とする部分にのみ照射を行うことで料金も抑えられますし、肝斑への不必要な照射も抑えることができます。
 初診料や再診料を設定せず、照射した分の処置料だけの料金ですので、照射数が同じなら通院回数に関わらず値段は変わりません。一度にたくさんの金額で処置をしても、1ヵ月の上限での値段を決めて分割して照射を行っても料金は変わりません。部分を区切って1回あたりの料金を安く治療をしていくこともできますので、お気軽にご相談ください。

◎なぜこの料金設定で提供しているかを説明いたします。
 翠皮フ科・アレルギー科では、できるだけ多くの方に光治療の効果を感じていただきたいと考えています。しかしどこにいっても光治療は高いというお考えの方は多いと思います。翠皮フ科・アレルギー科が使用しているルビーレーザーをはじめ、光治療機器そのものの値段は決して安くはありません。設備投資をする以上はそれを回収することは当然です。私としては、他の医療期間の値段もそれを考えれば十分に理解はできます。しかし、患者さんサイドからみればもう少し安くなれば治療を受けてみたいと思われる方は多いと考えています。一人当たりの料金は減少しても多くの患者さんが経験していただければ、全体的には変化がないと私は考えています。大きなシミではなく、ちょっとしたシミでも取り除ければと思っている方は多いです。そういう方々のご希望を叶えるべく料金を設定致しました。また実施料以外の診察料をなくすことで、1回ですべてのシミを取り除こうと考えて照射を希望される方も、複数回に分けて治療を行っても料金が変わらないので、徐々に治療を行っていくことに対しての料金に関する抵抗も少ないと考えています。大きな出費にならず、小分けにしてリーズナブルな料金で徐々に治療を行っていくことも可能です。翠皮フ科・アレルギー科で使用している光治療の機種が決して悪いものであるということではないのでご安心ください。
今後、光治療機器のメンテナンス費用および消耗品交換の費用が高くなる場合値上げをすると思いますが、その時はご了解くださいませ。

◎広範囲の場合は、午後の診療開始前に行います。
 基本的には、診察時間内で外来診察時にフラッシュランプ照射を行いますが、広範囲で時間がかかることが予想される場合は、14:20から15:00の間もしくは平日の午後の診療の一番最後(土曜日の場合は午前の一番最後)の枠でレーザーを照射する時間を設けますので、その時間でお願いすることがございます。診療最後の枠は状況によってはかなりお待たせすることがございますが、それをご了承いただける方のみお受けいたします。できるだけ多くの患者さんをお待たせしない方針で診療を行っていますのでご協力をお願いいたします。

◎光治療は万能ではありません。それだけはご了解ください。
 フラッシュランプやルビーレーザーでシミなどを改善することはかなり期待できますが、すべての方のシミを完全に取り去ることは不可能です。まったくシミがなくなる人からほとんど分からないけどよく見るとうっすらと残る人、扁平母斑のようにルビーレーザー照射をして一時的に薄くはなったが再発をして元にもどってしまう方など治療成績には個人差があります。光治療を受ける前にあらかじめご理解をしてくださいませ。

◎翠皮フ科・アレルギー科ではお化粧を直してからお帰りいただくことができます。
 翠皮フ科・アレルギー科ではパウダールームを用意しておりますので、診察のときにお化粧を落としても化粧用品を準備をしていただければお化粧をしてお帰りいただけますシミが気になる方は是非ご相談ください。

◎診察を受けたいけど葛飾区亀有は遠いと思っておられる方へ
 東京近郊の方以外は残念ながら確かに葛飾区亀有は遠いと思います。亀有は足立区中川と接しており、東京都の北東部に位置します。東京の方でも遠く感じられることが多くありますが、西日暮里までは約13分、池袋までは約30分、新宿までは約39分、銀座までは約35分でアクセスできる意外と便利な場所です。その他の主要近郊市街地から亀有までの電車とバスを利用した所要時間をこちらで案内させて頂いております。翠皮フ科・アレルギー科の目の前には、東京23区内で有数のショッピングセンターであるアリオ亀有がございます。診察のついでにお買い物や映画鑑賞などで楽しんで頂くことができます。ちなみにメールでの一般的なご相談も受け付けていますので、お問い合わせはこちらへどうぞ


翠皮フ科・アレルギー科のホームページへ戻る