翠(みどり)皮フ科・アレルギー科

診療時間
10:00から13:00
15:00から18:00

休診日
火曜日,土曜日午後
日曜日,祝日
〒125-0061
東京都葛飾区亀有3-37-17
メディク関東3F
電話 03-6662-4232
お知らせ 薬や病気の説明 自費診療

しわについて

◎しわは、老化現象による一種の勲章なようなものですが、好まない方も多くいます。
 しわは、皮膚の老化によっておきてきてしまうものです。できることなら増やしたくないと思っている方も多いのではないでしょうか?

◎しわの一番の大敵は日光と乾燥です。
 オハイオのグループは、しわについての研究をしています(Br J Dermatol. 2010 Feb 22. PMID: 20184587 )。笑顔をつくった時にできるラインにそってしわができやすいと言うものでした。
 ただそれだけではなく、皮膚の乾燥などの影響もあるということも報告しています。まったく笑顔なしで生活することはないと思いますし、笑顔による影響を考えて生活することは精神的にもよろしくないと思います。
 しかし皮膚の老化を防いで乾燥を防ぐだけでも、ある程度の予防効果はあると思います。簡単に申し上げると、日焼けを避けてお肌に潤いを与えて上げることが一番だと言うことです。

◎お肌の水分は外からでなく、中から十分量は供給されます。それを保つことが重要です。
 お肌の乾燥を防ぐために、化粧水を使われる方も多いでしょう。ただ残念なことに化粧水そのものに保湿作用はそれほど強くありません。水分は体の内側から常に供給されますので外から与えてあげる必要はありません。 それよりも内側からもらった水分をいかに失わないようにしていくかが重要になってきます。保湿とは湿度を保つことです。化粧水みたいに水分を与えることではありません。乾燥肌でお悩みの方は、一度ご相談ください。

◎ボトックスやトレチノインなども有効です。
 ちなみに、しわに治療は、ボトックス注射をすることで緩和できることがあります。100%とはいかないまでも改善は期待できます。ほうれい線などのしわはヒアルロン酸の注射をしたりします。ボトックス注射やヒアルロン酸は翠皮フ科・アレルギー科では実施しておりません。これらを実施する場合は、大手の美容形成外科に受診されるとよろしいかと思います。たくさん実施しているので、一度に大量に購入しています。仕入れ値も安くでき、その分患者さんにも安く提供できます。あまり実施してないところの方が、仕入れ値がかなり高いと思います。
小じわであればトレチノイン軟膏を外用するだけで改善できる場合もあります。トレチノイン軟膏は、翠皮フ科・アレルギー科では、4gを税込1080円で提供しています。そのほかにもフラッシュランプ治療を実施して、肌質の改善をすることで小じわを改善していく方法もあります。
 いろいろ悩まれておられる方もいらっしゃると思います。一度翠皮フ科・アレルギー科にご相談ください。

翠皮フ科・アレルギー科のホームページへ戻る