翠(みどり)皮フ科・アレルギー科

診療時間
10:00から13:00
15:00から18:00

休診日
火曜日,土曜日午後
日曜日,祝日
〒125-0061
東京都葛飾区亀有3-37-17
メディク関東3F
電話 03-6662-4232
お知らせ 薬や病気の説明 自費診療

水イボについて

◎水イボはウイルスによって起きる病気です。
 水イボは伝染性軟属腫という病名で、ウイルスが原因によっておきるイボですが、免疫力が強くなるとできなくなります。別のページで説明しています手や足にできるイボとは違うウイルスによるものです。免疫力の弱い子供にかかりやすく、大人で感染する人はかなり珍しいケースです。
 水いぼもウイルスが原因ですので、自分の他の部分や他人に感染させてしまうことがあります。一部の小児科医や皮膚科医は治療の必要がなく、放置しておけば、どんなに長くても数年で完治するとお話する医師もいます。私は、水いぼは治療をしたほうがよいと考えています。

◎医学的なことだけではなく、社会的な責任も考えると治療をお勧め致します。
 親の立場で考えて見れば、自分の子供が風邪やインフルエンザにかかっているお友達と遊ぶのは控えさせたいと思うのは当然だと思います。風邪やインフルエンザのウイルスを水イボのウイルスと置き換えて考えてみたら同じことが言えるのではないでしょうか。自分の子供を、水イボにかかっているお友達とプールなどで肌を触れ合うのは控えさせたいと思ったりしませんでしょうか?
 いつかは治る病気かもしれませんが、社会通念上治療をしたほうがよろしいのではと私は考えて、皆様にお話をさせていただいております。

◎水イボの治療もつまむのが一番きれいに治りますし、痛みを和らげるテープもあります。
 水イボの治療は、一番確実なのはつまんで摘出してしまう方法です。水いぼピンセットでちぎるようにつまむとかなり痛いですが、翠皮フ科・アレルギー科では他のピンセットを使用してつまんで押し出すようにしているので、水イボピンセットよりは痛みは少ないです。ただそうは申し上げても痛みを伴うこともありますので、ペンレステープという局所麻酔薬を貼っていただいた後に、痛みを軽減させてつまんでいく方法も考慮いたします。ペンレステープに関する説明はこちらをごらんください。つまむ治療法は、お子さんには精神的な負荷もかかりますし、1回あたり水イボの数で10個くらいまでがよろしいかと思います(テープの数ではありません)。それ以上ある場合は数日に分けて治療をすることをお勧めしています。
 ペンレステープを貼っても痛くて暴れてしまうお子さんやペンレステープを貼って効果があるのに怖くて暴れてしまうお子さんは、安全性の観点、処置の正確さを考えてしっかり固定して処置をいたします。力が強く固定できない場合、固定しすぎると具合が悪くなってしまう場合、固定をされることを躊躇される場合は、摘出することは中止いたしますのでご了承ください。

◎水いぼをつままない方法もあります。
 どうしても痛くて我慢ができないという患者さんには、他の治療法もお勧めしています。液体窒素で凍結させる方法や、ウイルスや感染した皮膚をやっつけてしまうお薬を塗ったりすることもあります。数が多い方には、ヨクイニンなどの漢方薬も飲めるのであれば処方させていただくこともございます。通院して行う治療だけではなく、ご自宅でもできる治療法もあります。
 早く手っ取り早く直してしまいたいという方は、多少痛みを伴ってでもつまんでとることをお勧めいたします。跡にもならずきれいに治ることが多いです。水いぼはかゆみを伴うことも多く、ひっかき傷で汚く跡が残ってしまうこともありますので早く治療をおすすめします。またご自宅でできる簡単な治療法も説明させていただきます。是非ご相談ください。

翠皮フ科・アレルギー科のホームページへ戻る