翠(みどり)皮フ科・アレルギー科

診療時間
10:00から13:00
15:00から18:00

休診日
火曜日,土曜日午後
日曜日,祝日
〒125-0061
東京都葛飾区亀有3-37-17
メディク関東3F
電話 03-6662-4232
お知らせ 薬や病気の説明 自費診療

ペンレステープとエムラクリームについて

◎ペンレステープは100%安全ではないですが、安全性も高く有効な麻酔薬です。
 水イボをつまむときに、痛みを軽減させる目的でペンレステープを使うこともございます。ペンレステープは、かなり安全性は高いですが、100%安全なお薬でもありません。麻酔薬ですので、ショックを起こすこともゼロではありません。ペンレステープと同じ成分の注射の麻酔薬では、1000万人に約7人の割合で具合の悪くなる方がいます。また数年に1人の割合で亡くなってしまう方もいます。ただこの割合は、抗生物質の同様のケースよりは、かなり安全性の高い割合になっています。塗り薬においては、およそ1000万人に1人の割合で重篤な副作用が見られています。どんなお薬でも100%安全なものはございませんが、つまむときにこの薬を使いたくないとお考えのときは、ちょっとだけ痛みを我慢すれば無理に使う必要もありません。ただペンレステープで具合が悪くなったという子供を私は聞いたことがありませんし、このテープでの死亡例はありません。痛みを軽減してあげるには有効なお薬だとも言えます。

◎1回に1枚を厳守し、テープを貼ったらその上から補強をお勧めします。
 ペンレステープは、つまむ1時間から2時間前のときに張っていただくのが最大の効果が得られると考えています。お時間を計算して来院してください。貼り方は、テープを水イボよりも少し大きめに切って貼り付けて、その上から麻酔のテープがはがれないように紙テープなどで補強をしていただくとよろしいかと思われます。少し近いからといってテープをそのまま大きいまま貼り付けるのではなく、ある程度は切って貼ることをお勧めいたします。1回で貼れるテープの枚数は1枚分だけです。それ以上貼り付けると、お子さんには麻酔薬の量が多くなり過ぎることもあります。副作用を起こさないためにも、1枚を切って貼ってください。(ちなみにペンレステープの添付文書では、4歳以上では2枚まで可能となっていますが、より安全性を考えて1枚をおすすめしています。)

◎1回に摘出する数は、10個を目安にすることをお勧め致します。
 お子様の負担を考えますと、10個くらいが適当でないかと考えております。ペンレステープを分割してもらいますが、ここで言う個数は水いぼの個数です。複数個まとめて1つのテープを貼ることもあるかもしれませんが、その時は水いぼの個数をカウントしてください。10個以上はお子様の集中力が持たないですし、暴れてきますのでそうすると実施するのも困難です。いろいろなご事情がありますので、一概にいえませんが、可能ならばそれ以上は複数回に分けて摘出することをお勧め致します。

◎水いぼだけでなく、ルビーレーザー治療にも局所麻酔薬を使用します。
 ルビーレーザー治療では少し痛みを伴います。ゴムで弾かれた痛みと表現することが多いです。冷却剤で痛みを軽減できることが多いですが、難しいと思われるときにはペンレステープを用いることもあります。またレーザー照射では、エムラクリームという塗り薬も使用することができます。保険適応がある色素性の病気にレーザーを照射するときには保険適応で使用することができます。

◎エムラクリームの方が効果は強いですが、注意すべきことも多くなります。
 エムラクリームはリドカインとプロピトカインの2種類の麻酔薬を合わせたクリームです。リドカインはペンレステープに含まれている局所麻酔薬です。プロピトカインの方が、若干ですがショックを起こす可能性が高いです。またプロピトカインはオルト-トルイジンに代謝され、ヘモグロビンをメトヘモグロビンに変換してしまいます。ヘモグロビンは酸素を体内に運ぶのにとても重要なものですが、メトヘモグロビンには酸素を運ぶことができません。状況によってはメトヘモグロビンが増えてしまいますと体内の酸素濃度が低くなり、危険な状態になることもあります。特にメトヘモグロビンからヘモグロビンに戻す酵素活性が低いのでさらに注意が必要です。日本人ではごく少数ですが、G6PDH(グルコース6リン酸脱水素酵素)がない人はメトヘモグロビン血症になりやすいので注意が必要です。

◎エムラクリームの使い方もペンレステープに似ています。
 エムラクリームは、10平方センチメートルで1gを使用します。クリームを広げてその上から密閉します。食品で使用するラップで十分だと思います。ラップで覆ってから1時間後にラップをはがしてクリームを拭き取って、冷却をしながらレーザー照射を行います。クリームの量が多くなりすぎると副作用の頻度が多くなりますので、使いすぎないようにすることが重要です。

 保険適応がない場合でペンレステープを使用する場合は、1枚税込110円で提供しています。エムラークリームを使用する場合は、1本(5g)税込1080円で提供しています。

翠皮フ科・アレルギー科のホームページへ戻る